看護師転職まとめ

看護師転職まとめ >> 看護師転職と労災事情

看護師転職と労災事情

看護師転職と労災事情についてここでは考えていきますが、労災とは、労働災害を略した言葉です。

働いている間、通勤時に起きた出来事が原因で、ケガをした、病気になった、事故にあった場合には労災になります。

基本は業務に起因している災害ということになっていますが、最近はうつ病、ストレスによる体調不良なども労災として認定されやすいといわれてます。

看護師転職を考える際に、もしかすると前の職場で色々と精神的につらいことなどがあって、看護師転職を検討しているという人も居るのではないでしょうか。

心身の病気にかかってしまったら、1ヶ月の時間外労働が100時間以上、2-6ヶ月の平均時間外労働が80時間を超えている場合には、労災として認められています。

でも看護師は労働状況が他の仕事に比べるとかなり過酷ですから、規定時間に満たなかったとしても労働時間の実態を考慮して労災として認められていることもあるのです。

看護師転職を考えている人の中で職場の労働環境があまりにも悪いために転職を考えていたり、うつ病や精神疾患になっているのではないかと感じている人などは、もしかすると労災の対象になるかもしれませんから、転職をする前にあらかじめ確認しておいた方がいいかもしれません。

そして日頃から自分の健康についてはもっと考えて、ワークライフバランスはきちんとバランスがいいように意識して仕事をすることも大切です。

転職先でこのバランスが整っているかどうかも重要な点になるでしょう。