看護師転職まとめ

看護師転職まとめ >> 看護師転職の面接

看護師転職の面接

看護師転職で応募したいところも決まって、いよいよ面接になったら、あらかじめ当日に、面接官から何を聞かれるのか、想定しておくとスムーズ煮答えられるでしょう。

面接官が判断する基準はそれぞれの病院によっても違っているのですが、ポイントとなるのは、この病院で仕事を通じて活躍してもらって実績を挙げられるだけの力を持っている人材なのかどうかなのです。

面接ではこのことを元にして進めていきますから、看護師転職の面接のポイントとして覚えておきましょう。

看護師転職の面接では絶対と行ってもいいほど、経歴や志望動機、自己PRについては聞かれると思います。

職務経歴はあらかじめ職務経歴書を持っていっていると思いますが、その中身をその通りに読むことはないのです。

応募する病院によって強調したい点があれば、その点について重点的に説明をすれば言いと思います。

その際は具体的な実例を挙げたり数字を挙げたりするとさらに説得力が出てきていいでしょう。

志望動機は看護師転職では必ず聞かれる点ですからしっかりと答えられるよう荷あらかじめ用意しておきましょう。

自己PRも、何とか採用してもらえたら・・・と弱気で行くのではなくて、絶対にこの病院で働きたいといえるように、自信を持って答えられるようにしましょう。

先ほども言いましたがその人が病院でどれだけ能力を発揮してくれるかを確認するための面接なので、看護師転職後に自分が能力を発揮できることをアピールしましょう。